SNS
instagram
facebook

ブログ

「建築」と「スマホ」について思うこと

初めて携帯電話を買ってから20年以上になり、スマホへの移行はAppleの「iPhone5」からと、比較的遅いデビューです。

それからiPhone一筋ですが、最近のデザインはAndroidもほぼ同じ印象で、新しいiPhoneが発表された時の感動や驚きがありません、、、というかダサくなっている感じさえしています。

最近ではカメラ機能(性能)メインの差別化が目立ち、基本的なカタチ(ハード)は成熟してしまったのか。

机の引き出しを整理していたら、15年前の「ipod nano」が出てきました。容量は4G(少な!)性能も音楽だけですがクルクル回すアナログの様なホイール、全体のバランスなど今見てもクオリティが高く、個人的には気に入ったデザインです。手に持った感じのフィット感も最高です!

「建築」と「スマホ」は違うけど常に身近にあるもの、日常の暮らしに寄り添った「カタチ」と「優れた性能」が大切だと思う今日この頃。

この背面も気に入ってたんだけどな。

DATE2020. 2. 5
CATEGORY
TAG
WRITER南澤 圭祐