SNS
instagram
facebook

ブログ

クライアントの声 [美幸町の家]

竣工から1年。住まいごこちはいかがですか?

とても快適です。一階・二階共に南北へ空間が開けているので、窓を開けると南から北に風が通り抜け、夏はとても涼しいです。エアコンはほとんど使っていません。家のまわりは木の塀で囲われていて、プライベートも十分確保されていますし、窓を開け放して過ごしていました。冬は窓からの陽射しと蓄熱式床暖房のお陰で家全体が暖かく、足元も冷えませんでした。

緑がみえる音楽室

夫婦共に音楽が好きで、子供も音楽関係の仕事をしているのでピアノが置ける防音室をつくってもらいました。一般的に防音室は閉鎖的で他の部屋と隔離されることが多いのですが、我が家の防音室は違います。窓があって木々の緑を眺めたり、リビングと遮音ガラスの引き戸でつながって開放的で気持ちがいいです。もちろん窓は防音性能に優れたものを使っています。

リビングとつながる遮音ガラスの引き戸は、それほど気密性を重視していないので、引き戸を閉めるとちょうどいいボリュームでリビングに音楽が聞こえてきます。開けると人を招いてコンサートもできます。いつもそばに音楽がある暮らしを楽しんでいます。

大きな窓のあるキッチン

キッチンは北側にあるのですが、シンクの上に大きな窓を設けてもらいました。そこから空へ視界が抜けて木々も見えるので、作業していて気持ちがよいです。採光に関しても、この窓のお陰で昼間も明るく、作業がしやすいです。キッチンとダイニングのつながりは半分開けていて、半分閉じている空間になっています。動線がよくて動きやすい一方で、ダイニングからキッチンのシンクは直接見えないようになっていますから片付けも気兼ねなくできます。キッチンやダイニングの収納、ダイニングテーブルはクニナカさん(家具工房)にお願いしました。持っているお皿の大きさにあわせてつくって頂いたので、とても重宝しています。

デッキとつながる心地よさ

実際に出来上がってみると、デッキの温かみ、木々の緑の気持ちよさが直接感じられて心地よいです。設計段階から家族の間で ” リビングに入ると「温かい」と感じる住まいにしたい” という想いがあり、まさにその通りになりました。

当事務所へご依頼されていかがでしたか?

私たち家族が描いていた住まいをちゃんと理解して下さって、それをカタチにしてもらったのでとても満足しています。取っ手一つにしても妥協せず素敵なものに出会えるまで、お互いに探しましたから、HAN さんが真摯に仕事されている様子を身近に感じました。きちんとコミュニケーションを重ねてきたので、何も無い所から完成までを一緒に迎えられたのが嬉しかったですね。

これから家を建てられる方へ

工事期間は短くても住むのは一生ですよね。ですから、細かなことも面倒だと思わず、家族が住みたい家をつくるため、自ら関わろうという気持ちで家づくりを楽しんでください。完成した時、自分たち家族だけの特別な場所に感激されると思いますよ。

DATE2020. 3. 11
CATEGORY
TAG
WRITERHAN環境・建築設計事務所