SNS
instagram
facebook

ブログ

ケヤキの枝チップ路盤

魅力ある路盤仕上に出会いました。
落ち枝さえ手に入れば外構の仕上げとして実践出来そうです!

▲枝チップと樹皮や落ち葉などが馴染む様子
▲枝の粉砕後の長さは3センチ程度以下でした
▲ショップの設計は中村好文さんのアトリエにいらっしゃった丹波貴代子さん

場所は東京都あきる野市にあるマキテキスタイルスタジオにて。
年に2〜3度は訪れている心地よい場所です。
ここの魅力はまた別の機会にお伝えしたいと思います。

▲母屋の改修プランも丹波貴代子さん。かつて養蚕を行う古家をアトリエとして再生。

敷地にはケヤキの大木が数本、ケヤキは冬に細い枝先を地面に落とすそうです。
大量に落ちた枝を拾い集め、軒下などで少し乾燥。
ガーデンシュレッダーで砕き庭に撒くというシンプルさ。
表情や踏み心地、落ち葉や石ころとの混じり具合など、自然な様相がグッときました!桜の枝なども表情や香りが素晴らしいのではと思いました。

ガーデンシュレッダー(粉砕機)はホームセンターなどで1万円台〜で購入出来ます。
スタジオオーナーである田中ぱるぱさんのブログにガーデンシュレッダーの魅力が語られています。
うえから2番目の6月20日の記事

▲写真手前はケヤキの小枝
▲ガーデンシュレッダーで粉砕された小枝

私は実践する機会がしばらく無さそうです。
上手くいったら是非情報を教えて下さいね!

DATE2020. 2. 17
CATEGORY
TAG
WRITER冨田 享祐