SNS
instagram
facebook

ブログ

体感温度を制御する

パッシブデザインでは、単に室内の気温だけでなく、表面温度・湿度・気流・輻射熱までを考慮した「体感温度」を制御する視点がとても重要です。

体感温度を抑制するという目的を設定すると、パッシブデザインを活用できる領域は大きく広がります。

最も分かりやすいのは、輻射熱です。

夏の日に炎天下の道路から木陰に入ると涼しい。

炎天下の道路も木陰の下も気温はほとんど変わりませんが、道路表面が約60℃、木陰の地表表面が約30℃と大きな差があります。

夏、熱いのは気温が高いから暑いのではなく、輻射熱を放つ熱いものが傍らにあるから暑いのです。

居室内でも床・壁・天井・ガラス窓など、室内の表面温度が輻射熱となり体感温度に大きく影響します 。

前述のように、太陽の熱を蓄熱させたり遮ったりする方法は、まさに輻射熱を抑制していることになるのです。

DATE2020. 3. 12
CATEGORY
TAG
WRITERHAN環境・建築設計事務所