SNS
instagram
facebook

ブログ

[吉祥寺東町の家]地盤調査

今秋着工する[吉祥寺東町の家]の地盤調査を実施しました。
今回の調査方法は、一般的なSWS試験ではなく、表面波探査法による調査を実施しました。地面をゆらして、その“ゆれ”の伝わる速さにより、地盤の硬軟を判断します。
[表面波探査法]とは、 地盤に表面波を伝え、その速さを測定して、地層の境界を読み取り、各層に支持力がどのくらいあるのかを判断する調査手法で、点ではなく面で計測し、面で広い情報を集約することで、⽀持⼒」と「沈下特性」を算出する事から、無駄な地盤改良⼯事判定が無くなる為、まずは、近隣地盤を確認し、表面波探査法に適した地盤性状の場合は、地盤調査方法として採用しています。


DATE2021. 8. 19
CATEGORY
TAG
WRITER松田 毅紀