SNS
instagram
facebook

ブログ

土地探し・資金シミュレーション

土地を見極める

どんな家になるかは、そこがどんな土地なのかによって大きく変わります。
私たちは、建主があまり意識しない視点でも土地をみています。

例えば

・地盤の不安はあるか?
周辺環境と現状地形をもとに、不安な要素(特に湿気、浸水といった水の心配や地盤強度の心配など)はありそうか。あればその対策にどれくらい追加費用がかかりそうか、おおよその予測を立てます。

・地域の気候風土は?日差しは1年を通じてどう入ってくるか?
その土地では一年を通してどこで採光を取れそうか。地形・気候風土から温熱環境をどのように整えられそうかをイメージします。

・隣家はどんな外観(窓の位置・敷地・植栽・老朽化)になっているか?
隣家の建て替えの可能性はありそうか、どこで視界が抜けるかなど周囲の状況を考慮した上で、プライバシーの確保と景観デザインのバランスを考えます。

不動産から頂く情報以外に「その土地にどんな魅力があるか」「リスクがありそうか」を建築家の視点から建主と共有して見極めていきます。

建物自体が美しくある事はもちろんですが、そもそもの魅力が敷地に備わっていることは理想的で、とても価値のあることです。

土地を選べる状況だからこそ!ぜひ建築家と一緒に土地を見極めていきましょう。

資金シミュレーション

土地を探されている場合は、建物よりまず土地の価格を気にされると思います。

土地と建物をセットで販売されている不動産では、建物を安価に設定するため「建物は安く済む」と思われる事が多いのですが、安価という事はそれなりの理由があります。
住み始めてからの快適性は重要視されない事が多く、追加要望はオプション化されています。
本来は建物もそれなりにお金がかかりますし、その他、税金・ローン・登記等々の諸費用も必要です。

納得度の高い理想の住まいづくりをお考えでしたら、まずは土地を購入される前に、資金についてシミュレーションをしていきましょう。

実際、どんな住まい方が理想かをお話しながらシミュレーションをしていると、多くの建主から「土地にお金をかけすぎると、建物に使える費用が実は少ないね。ちょっと見方をかえないと。」という声を頂きます。

その事実が把握できると、土地の探し方も変わりますし、お金をかけたいポイントも変わってきます。
都心から探し始めて、結果、郊外で緑豊かな魅力的な環境が見つかる事もあります。

お話を伺った上で土地探しや資金計画のパートナーも紹介する事ができますので、まずはお気軽にご相談ください。

住まいづくりのご相談

DATE2020. 3. 10
CATEGORY
TAG
WRITERHAN環境・建築設計事務所