SNS
instagram
facebook

ブログ

温熱性能とデザイン

家族の健康を守る、温熱環境

せっかく家を建てたけど、冬は部屋が温まらず「寒くてコタツに入りがち」「エアコンを入れても足元が寒く床暖房の効いた所だけ歩いている」「窓が結露して窓枠にカビがつく」という話は本当によく聞きます。

これは実際に住み始めてから分かるストレスで、家を建てる時に温熱性能を大切なテーマとして捉えていない場合に起こります。

暑さ・寒さは単なる不快感だけでなく、徐々に身体に影響を及ぼしてきます。
例えば、冬は、風邪を引きやすい・咳・冷えなどの症状が出てきたり、トイレや浴室で急激な温度変化により心筋梗塞や脳卒中を起こすケースもあります。
夏は、クーラー病や家の中で熱中症になるケースも増えてきました。

こういったことから、家の中の寒さや暑さを取り除く(=温熱環境を整える事)は、日常の心地よさを得ることと同時に、住まい手や家族の健康を守ることにつながります。

長い時間を過ごす住宅だからこそ、私たちは設計において、温熱環境もデザインと同じ重要なテーマとして考えています。


温熱環境をデザインに取り込む

良好な温熱環境はエアコンなどの機械設備だけで賄えるものではありません。

軒や庇・窓・断熱・蓄熱など建物に関わる部分、庭や道路といった外環境に関わる部分、それぞれの要素がバランスよく組み合わさる事で整っていきます。

この要素を確保しながら、さらにスッキリした美しい納まりにするにはどうデザインしていくか。

実はこのバランスは、経験のある設計者でも難しい部分になります。

例えば、窓の性能を高めようとすると、使う素材に厚みが出てきたり、製品が限定されます。そのまま設置すると、取って付けた印象にもなりますし、外部とのつながりが整然とせず、視覚的・感覚的な快適性が失われます。

美しさと性能が両立できるケースも多くありますが、最終的に考え抜いた末「ここはデザインを優先させたほうがいい」という場合もあります。

性能とデザインの整合をとるには(性能をあまり考慮しない場合と比べて)何倍もの時間と労力をかけます。しかし、ここは建主の大きな価値をつくるところ。
私たちの経験・デザイン力・姿勢が問われるポイントだと思っています。


[長野の家]
第1回日本エコハウス対象 優秀賞受賞
パッシブデザインコンペ2015 大賞受賞
<建主が楽しくアクティブに暮らすパッシブデザインの住まい>
[森林公園の家]
第二回埼玉県環境住宅賞 最優秀賞受賞
パッシブデザインコンペ2015佳作受賞
<里山の気候風土を生かす、開放的な住まい>
DATE2020. 3. 12
CATEGORY
TAG
WRITERHAN環境・建築設計事務所